医学部に入るため、福岡の専門予備校の寮にお世話になっていました

医学部へ入るという一体感のなかで

それから、1年間をこちらの予備校で過ごすことになりました。
最初は、親元を離れての生活に寂しさを感じる日もありましたが、徐々に慣れていきました。
素晴らしい講師たちから教わる授業は、どれもが興味深く、惹きつけられる内容でしたから、自然に自分で理解を深めたいという気持ちが強くなりました。
一方的な授業というよりは、理解しているか丁寧に確認してくれますし、分からないことがあれば授業後にじっくりと付き合ってくれるので、完全に勉強内容を理解することができます。
特に、私の苦手な小論文の書き方については、ここですべてを学んだと言っても過言ではありません。
文章を書く際の重要なポイント、そしてコツなど、ここで知りえたことは、ずっと生かせるものと考えています。
生活も、新たな仲間と共に過ごすうち、共に夢の医学部へ入るという一体感が生まれ、助けあい、励まし合って生活することができました。
この仲間たちは、今でも連絡を取り合い、定期的に会って近況を報告し合っています。
夢をつかみ取るためには、質の高い予備校選びも、重要なポイントになると思います。
自分にピッタリ合う学校を選び、スキルを高めてください。

福岡の医学部に特化した予備校を紹介された | 今まで通っていた予備校との違い | 医学部へ入るという一体感のなかで